N
Go to App

メンテナンスウィンドウ


概要

メンテンナンスウィンドウ機能では、設定した期間中のアラート通知を無効化するという機能を提供します。
Ninja-Eyeでは月次・週次・日次・個別パターンで柔軟に設定を行うことができるので、 定期的なメンテナンスによるサーバーの停止等に伴う、不必要な通知を抑えることができます。

通知を行わないだけで監視はメンテナンスウィンドウ中も継続して行われます。

メンテナンスウィンドウ画面への遷移

サイドメニューの"Maintenance Window"をクリックください。

画像

メンテナンスウィンドウ設定

追加

"New Maintenance Window"または、表下部の"+"ボタンから作成します。

画像

設定

設定は"Name/Type"(名前とタイプ別の設定), "Target Monitors"(対象モニター)の2つに分割されています。

Name/Type(名前とモニタータイプ別の設定)

画像

"Name"はメンテナンスウィンドウ設定につける名前です。任意の名前を入力ください。
タイプ別の設定については別ページに記載していますので、それぞれ必要に応じてご参照下さい。

  • Monthly
    • 月次(基本的には日基準)でのメンテナンスの場合に選択します。
      月による制御も可能です。
  • Weekly
    • 週次(基本的には曜日基準)でのメンテナンスの場合に選択します。
      週番号による制御も可能です。
  • Daily
    • 日次での決まった時間帯のメンテナンスの場合に選択します。
  • Special
    • 定期的でないメンテナンスの場合に選択します。

Target Monitors(対象モニター)

"Target Monitors"ではメンテナンスウィンドウに紐付けるモニターを設定します。

画像

項目内容
Tagここで指定したタグがついたモニター全てが対象になります。
Monitors対象とするモニターを個別で選択します。

入力後はモーダル右下の"Save"ボタンより作成が完了します。

メンテナンスウィンドウの無効・有効化

表内のStatus列にて有効・無効が表現されます。

ここのアイコンボタンをクリックすることで、切り替えが可能です。

画像

メンテナンスウィンドウ設定の編集・削除

表内のActions列の編集(鉛筆)アイコンボタンから設定の編集が可能です。

また、削除(ゴミ箱)アイコンボタンから設定を削除することが可能です。

画像