N
Go to App

モニタータイプ別設定


概要

各モニタータイプ別の設定項目について解説します。

HTTP

HTTP(S)アプリケーションの監視に適したタイプです。柔軟な設定が行える最もおすすめの監視タイプです。

画像

設定項目

項目必須説明備考
URL監視先のURLです。
必要に応じてクエリストリングを含めることも可能です。
Follow Redirectリダイレクトの追跡有無の設定です。※1
Expected Statuses正常と判断するステータスコードを指定します。
Http Method監視する際のHTTPメソッドを指定します。
HEAD, GET, POST, PUT, PATCH, DELETEに対応しています。
Send Data Type送信するデータフォーマットをform, json, xml, text,customから選択します。
formでは"Form Data"に、その他は"Send Data"に送信データを入力してください。
※2,※3
Form Dataform形式で送信データを設定します。※4
Send Data送信するデータを入力します。※5
Basic AuthBASIC認証のユーザとパスワードを設定できます。
Custom HeadersHTTPリクエストヘッダを設定することができます。
CookiesHTTP Cookieを指定できます。※6
Response Match Rules詳細後述

※1 追跡回数に制限はありません。

※2 HTTP MethodがPOST, PUT, PATCHでのみ有効化されます。

※3 指定されたデータタイプに従い、自動的にHTTPリクエストヘッダContent-Typeに以下が指定されます。
※Custom Headersの設定が優先されますので上書きも可能です。

  • form : application/x-www-form-urlencoded
  • json : application/json
  • xml : text/xml
  • text : text/plain
  • custom : 指定なし

※4 "HTTP Method"がPOST,PUT,PATCHかつ、"Send Data Type"にてformを選択した場合にのみ表示されます。

※5 "HTTP Method"がPOST,PUT,PATCHかつ、"Send Data Type"にてform以外を選択した場合にのみ表示されます。

※6 "Custom Headers"にてcookie Headerが設定されており、かつ"Cookies"にも設定があった場合は"Cookies"が優先されます(値はマージされません)。

Response Match Rules

HTTPレスポンスBodyとHeadersの値を元にした正常条件の設定が可能です。
項目説明
Batch In Bodyこの値がレスポンスBodyに含まれていない場合は異常とします。
NOT Batch In Bodyこの値がレスポンスBodyに含まれている場合は異常とします。
Match In Header"Header Name"の名前を持つHTTP Headerの値に"Value"が含まれていない場合は異常とします。
NOT Match In Header"Header Name"の名前を持つHTTP Headerの値に"Value"が含まれている場合は異常とします。

全て部分一致での判定となります。

"Expected Statuses"も含め全ての条件の中で1つでも異常と判定されるものがあった場合は異常として扱います。

TCP

TCPポートが疎通可能な状態であることを監視します。HTTPアプリケーションでは無いTCPサーバーの死活監視を行いたい場合に活用を検討ください。

画像

設定項目

項目必須説明
HostFQDNまたはIPアドレス(v4)を指定して下さい。
PortTCPポート番号を指定してください。

PING

ICMPプロトコルPINGでホストサーバーとの疎通が可能であることを監視します。 アプリケーションレベルよりも低水準に対象サーバーが外部から疎通確認であることを確認したい場合にご活用ください。

※サーバー側の設定でPING応答が有効化されている必要があります。

画像

設定項目

項目必須説明
HostFQDNまたはIPアドレス(v4)を指定して下さい。

DNS

対象のDNSレコードが想定した値を維持していることを監視したい場合にご活用ください。

画像

設定項目

項目必須説明
Host(FQDN)監視対象のFQDNを指定して下さい。
Record Type監視対象のレコードタイプを選択してください。
Partial Match Text問合せ結果にここに入力した文字列が含まれない場合に異常と判定します(部分一致)。
DNS Server問合せ先のDNSサーバーのIPアドレス(v4)を指定して下さい。

SSL

対象ドメインに設定されているSSL証明書の有効期限が迫った際に通知を行います。

SSLタイプのレスポンスタイムにはあまり意味が無いためチャートにはレスポンスタイムが表現されません。

画像

設定項目

項目必須説明
Host(FQDN)監視対象のFQDNを指定して下さい。
Days Until Expired通知を行いたい有効期限までの日数を指定してください。