N
Go to App

ダッシュボード設定


概要

ここでは以下のようなダッシュボード機能についてのご説明をいたします。

画像

監視モニタの増加に伴い、あるサービスごとにグルーピングした状態や、 特に注目したいものについてだけを抽出して結果を確認したい場合があるかと思います。

ダッシュボードは以下の3種類の項目(ダッシュボードアイテム)を追加することができます。

  • Selected Monitors
    • 自由に選択したモニターを表示します。
  • Error Monitors
    • 現在エラーになっているモニターを表示します。
  • Tagged Monitors
    • タグを指定してそれに紐づくモニターを表示します。

また、ダッシュボード自体も、目的にあわせて複数作成することも可能です。

それでは順に使い方を見ていきましょう。

Dashboard画面への遷移方法

サイドメニューの"Dashboards"をクリックください。

画像

サインアップ時は画像のようにDefaultダッシュボードに"Error Monitors"を初期データとしてご用意させていただきます。

Dashboardの作成・編集・削除

Dashboardの作成

"New Dashboard"ボタンを選択し、"Name"と"Sequence Number"を入力して"Save"ボタンをクリックください。

画像

項目説明
Nameダッシュボードにつける名前です。お好きな名前をご利用ください。
Sequence Number表示するダッシュボードを選ぶセレクトボックス内の並び順です。番号が小さい順に上から表示されます。

Dashboardの編集

ダッシュボードセレクトボックスを開き、編集したいダッシュボードの編集ボタンをクリックします。

作成時と同様のダイアログが表示されるので、内容を修正後、"Save"ください。

画像

画像

Dashboardの削除

編集同様に、ダッシュボードセレクトボックスを開き、 削除したいダッシュボードの削除ボタンをクリックします(確認ダイアログが表示されます)。

画像

Dashboard Itemの追加・編集・削除

Dashboard Itemの追加

アイテム追加ボタンをクリックしてダイアログを表示させます。

画像

以下を参考に情報を入力して、"Save"ボタンをクリックしてください。

共通項目

項目説明
Typeアイテムタイプを選択します。以下の中から選択してください。
  • Selected Monitors
    • 自由に選択したモニターを表示します。
  • Error Monitors
    • 現在エラーになっているモニターを表示します。
  • Tagged Monitors
    • タグを指定してそれに紐づくモニターを表示します。
Nameアイテムにつける名前です。各アイテムエリアの左上に表示されます。
Sequence Numberアイテムの表示順です。小さい数から順にダッシュボードの上から表示されます。

タイプ別項目

タイプ項目説明
Selected MonitorsMonitors表示したいモニターを選択します。
Error Monitors--
Tagged MonitorsTag Name表示したいモニターのタグを選択します。

モニターへのタグ設定は外部監視設定を参照下さい。

Dashboard Itemの編集

アイテムエリアの右上に表示される編集ボタンを押してください。

追加時と同様のダイアログが表示されますので、内容を修正し"Save"ください。

画像

Dashboard Itemの削除

アイテムエリアの右上に表示される削除ボタンを押してください。

画像

ダッシュボードの使い方

Time Controllerスイッチ

以下のTime Controllerスイッチを切り替えることにより、 各チャートの上部にAuto Refreshスイッチと表示期間スイッチを表示することができます。

画像

Auto RefreshスイッチをONにすることで対象のチャートがブラウザのリロードなしに、 自動で最新のデータを取得するようになります。

また、表示期間スイッチを切り替えることで、 現在時刻からスイッチに記載されている相対的な過去時間を範囲とした結果を表示させることができます。

ご契約のプランやモニターの作成時期等によって、表示期間全てのデータは存在しない場合があります。 その場合は一番古いデータから最新のデータまでが取得されます。

Eventsスイッチ

以下のEventsスイッチを切り替えることにより、 各チャートの下部にイベント一覧を表示することができます。

各イベントにはモニターの開始・停止・ダウン・アップ等に関する情報が記載されます。

画像

Auto Refreshスイッチ(Global)

以下のAuto Refreshスイッチを切り替えることにより、 各チャートのAuto Refreshスイッチを一括で切り替えることができます。

Auto RefreshスイッチをONにすることで対象のチャートがブラウザのリロードなしに、 自動で最新のデータを取得するようになります。

画像

チャートの見方

チャート自体にも表示時間幅の変更などが行える機能がございます。 専用のページをご用意いたしましたので、そちらを参照下さい。

チャートの使い方